So-net無料ブログ作成

岩隈の海外の反応 ドジャースと破断 [スポーツ]

マリナーズ球団からフリーエージェントとなった岩隈久志投手(34)が

ドジャース球団と3年55億円で契約合意したとの報道が複数の

アメリカメディアであったのが、12月6日

契約合意から一週間以上経過したのに、入団会見がないと思っていた矢先、

びっくりニュースが舞い込みました!!

海外の反応というと・・・・

mla1202291157013-p1.jpg
http://www.sanspo.com/mlb/images/120229/mla1202291157013-p1.jpg

ドジャース球団が身体検査を実施した結果、

岩隈久志投手(34)の獲得を見送るというものでした。

岩隈投手の代理人関係者は、

「実は、契約の正式発表は身体検査が終了するまでは、控える事で

ドジャース球団と岩隈投手の代理人の間で合意していたのですが、

情報が漏えいしたのは、多分、マリナーズ球団サイドからでしょう。

なぜ、身体検査終了まで正式発表を控える事にしたのかは、

今季シーズン4月下旬からおよそ2ヵ月程度、右の広背筋を痛めて

岩隈投手が戦線離脱していたので、ドジャース球団は、身体検査をしたのでしょう。

最初の検査で異常があって、別に再検査を行った結果、問題ありと判断したのでしょう。

なんと運がないのか・・・・!

14勝をマークした2013年は、サイヤング賞投票で3位にランクインした実力者

8月にはノーヒットノーランをやったばかりで、

アメリカメジャーリーグを代表してもいい右腕投手のひとりなのに、

3年55億円契約が破棄されただけでなく、身体検査に引っかかったのが原因となると、

今後の契約に影響するのは、目に見えています。

通常、アメリカメジャーリーグでは、まず契約内容を交渉して合意に至ると

健康診断を実施するが、ベテランになると形式的な健康診断であったり、

健康診断そのものが免除になる場合も少なくないのだ。

岩隈投手が肩・肘を手術したばかりの投手ならわかりますが、

ただ背筋を痛めただけで、健康診断に問題が出るのか・・・?

まずは、ドジャース球団の補強部門を担当するフリードマン編成担当副社長と

ザイディジェネラルマネージャーは、選手を独自の方法で

とても厳しくチェックします。このチェックで岩隈投手に問題が見つかったのでしょう。

岩隈投手は元来、肩・肘にトラブルを抱えていました。

2007年には、右ひじの手術をしましたし、マリナーズ球団入団後には、

ルーズショルダーが原因で先発できなかった時期がありましたが、

肩周辺の筋肉をトレーニングして鍛えて、問題は解消されたと言われています。

しかし、このトラブルを引き出してドジャース球団が契約金を低くしようとし、

3年55億円になるべく近い条件で契約したかった岩隈投手の代理人サイドの間で

交渉が決裂したのでしょう・・・?

スポンサーリンク




身体検査で異常が発見されたとしても、契約条件を見直して契約合意になるケースも

あるので、岩隈投手のドジャース球団入団の道が断たれてはいませんが、

アメリカメディアの反応は、

岩隈投手が、今季の所属チームに優先権を与えるクオリファイング・オファーを

断っているので、岩隈投手を獲得する球団は、来年のドラフト1巡目指名権を

失う事になるので、故障するリスクの高い投手と交渉する可能性は低いだろうと

報道しています。

再びフリーエージェント市場へ逆戻りした岩隈投手ですが、

【身体検査で交渉決裂した右腕投手】のレッテルが貼られるので、

契約交渉時のダメージは覚悟しないといけないでしょう。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。